なぜ読書会や朝活を始めたのか?

未来戦略読書会

未来戦略読書会・朝活は2011年に始まりました。

このブログをご覧頂きありがとうございます。

きっとあなたは、読書会や朝活に興味があってここにたどり着いたのではないでしょうか?

(もしくは、たまたまかもしれませんね。)

僕が読書会に人生で初めて参加したのは29歳の時です。読書会という存在は数年前から知ってはいましたが当時は飲食業界かつ地方に配属されていたせいもあり、なかなか都内の読書会に参加することが出来ませんでした。

(当時は、ほぼ東京にしか、読書会がなかったのです。。。)

はじめて参加した読書会のことは今でも覚えています。

少しビビリながらも会場にたどり着き(笑)、

緊張しながらも楽しい時間を過ごすことができました。

(読書会の後に希望者でランチにいき、読んだ本の交換会がありました。僕は初参加にもかかわらず何冊か本を頂いて帰ることに成功したのです!)

僕の中で、読書会=楽しくて、いろんな人と触れ合え、かつお得!

の図式が出来上がったのです。

そこから、朝活にも参加させていただき、いろんなイベントに参加しました。

勧誘目的で参加する人がいる読書会もありましたが、

全般的に楽しかったんです。

なので自分でも開催してみたくなり、最初は不慣れながらも読書会を開催しました。

そこから朝活も取り入れ、紆余曲折を得て今にいたります。

 

10/2読書会

読書会で紹介された本

会社では出会えない人たちと出会える!?

社会人になっても部活のように切磋琢磨でき(僕はバスケット部でした。)

しかし会社の同僚のように足のひっぱ引っ張り合いにならない環境が読書会でした。

会社での同期・同僚はライバルで、出世を考えるとどうしてもお互い足の引っ張り合いになります。しかし、読書会ではそんなことはありません!そもそも仕事や会社が違う人間が集まりますし、本をテーマに集うので変な競争はありません。強制的に参加させられたのではなく、自主的に参加した人の集いになります。

皆さん、自主的に参加されています

コスパよく知的好奇心を満たす?

巷にある“自己啓発系”の教材セミナーや教材は数10万円〜100万円超えするものもざらにあります。主催者もセミナーや教材に100万円以上使ってきました。で、結論として、先ずは本を読み込むで充分です(笑)

しかし、1人だけで本を読んでも頭でっかちになってしまいます。どうせなら、本を読んだ人とシェアしたりワークすればより理解が深まります。

僕も好きでよく読んでいる日本有数のマーケターである神田昌典氏も著作『2022』の中で読書会を推奨しています。

 

神田 昌典氏が推奨する読書会

グローバル化で社会が刻々と変わる中、従来どおりの働き方、生き方に危機感を感じる人は少なくないのではないだろうか。そんな中、経営コンサルタントである神田昌典氏が勧めるのが、「知識創造」「価値創造」型の読書だ。

 

参加するデメリットはないの?

デメリット、残念ながらあります。

500円の参加費プラス交通費と2時間ほど時間です。。。

※たまに営業目的、勧誘目的で参加する人がいます。そんな人はすぐに帰ってもらってます。もし、参加した後に不愉快な思いをしたらすぐに主催者に教えて下さい。該当者を出禁にするなど、しかるべき措置を取らせて頂きます。

お金を頂いて、時間を割いて参加してもらってる以上、満足してもらえる読書会にすべく、日々改善をしております。その一環として、読書会では毎回アンケートを取らせて頂き参加者の方からフィードバックを頂いております。

 

現状・未来に迷いがなければ参加する必要なし?

不満や問題意識がなければ参加しても得られるものは少ないかもしれません。

(今の仕事が大好きであれば一生懸命働くことをおススメします)

逆に将来に対して何かしらの不安があるのであれば、そして何とかしたいのであれば未来戦略読書会・朝活はきっと役に立つ内容となっています。

 

過去の読書会・朝活の様子はこちらから!

 

 

参加者の声

こちらでは参加された方のアンケートを一部紹介しております。過去の平均を取ると5段階評価で4.72を頂いております。

東京・新宿・新橋の駅近のカフェにて毎週開催中!

 

◆東京はJR東京駅日本橋口から徒歩圏内のスタバで開催してます。

 

◆新宿はJR新宿駅西口から徒歩圏内のドトールで開催してます。

 

◆新橋はJR新橋駅烏森口から徒歩圏内のスタバで開催してます。

 

 
◆興味ある方は ↓ をクリック(タップ)