30代からのカラダマネジメント!ジョギング始めました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

読書会で知識や刺激は得られるが、鍛えられないものがある!それはカラダである。

そこを補うべく、縁あってジョギングを始めた。今回は初めてみて分かった事や、カラダをマネジメントする事のメリットについて紹介する。

「レバレッジ」シリーズの本田 直之氏の本で『カラダマネジメント術』がある。内容として、

  • 30歳を過ぎたら、投資として運動すべし
  • 社会人は効率よくトレーニングすべし
  • 目標を設定してトレーニングすべし

などなど。他にはオススメのトレーニングスポットやグッズも紹介されている。要は30過ぎたら若さで何とかならなくなるので、無理無茶が出来なくなるので、投資するつもりでカラダをマネジメントした方が良いですよ、という事だ。

読んでみて、健康維持・増進の為の運動は投資に値する。と改めて感じた。例えアナタがサラリーマンであっても出世するには健康でなくてはいけない。昇進レースで選ばれるのは病欠がちな優秀な人ではなく、取り柄がなくとも無欠勤な人だ。"無事これ名馬"である。

そして、社会人なので闇雲にトレーニングをやるのではなく、効果の出る、生産性の高いトレーニングを推奨していた。日本人はスポ魂マンガの影響でひたすらに、がむしゃらに、が好きかもしれない(私は大好きだ)。マンガを読んでテンション上がり近くの土手に走りに行った経験はあるが、やはり長続きしないものだ(苦笑)

そして経営者ほど、トライアスロンをやっていて、ホリエモンこと堀江 貴文氏やBenesseの原田社長もやっているようだ。ゴルフのように経営者視点で捉えると違った面白さがあるのかもしれない。

だが、多くの人にいきなりトライアスロンはハードルが高い。なので始めるのならジョギングから、が良いだろう。

Qちゃんこと、高橋尚子さんのコーチ、小出監督の本を読むとランニングを気楽に始めてみることをオススメしていた。(もちろん最低限の準備は必要だが。)

皇居ランナーという言葉があるように、丸の内の皇居の周りをグルグル走って回る人たちか多いので、それに関連するビジネスも盛況だ。アキバのヨドバシにはランニング関連のアパレスやシューズも販売している。ランナー向けに皇居周辺にいくつかのランステーションもあるのだ。

読書会の縁から皇居ランナーのデビュー!?

ウィキペディアにも皇居ランという言葉があるように、丸の内の皇居の周りをグルグル走っている人たちは多い。それに関連するビジネスも盛況だ。なんと秋葉原のヨドバシカメラにはランニング関連のコーナーがありアパレスやシューズも販売している。そしてランナー向けに皇居周辺にいくつかのランステーションもあるのだ。

私は2016年冬ごろから運動する機会が少ないので、通勤途中に自転車を使っているのだが、全ての通勤経路を自転車で走るわけにもいかない。1時間以上かかるし、以前やった事があるのだが、着替えなどの準備が大変過ぎて辞めてしまった(笑)。

そこで一緒に読書会を主催しているSくんがフルマラソンを走るランナーで、しかも結構速いタイムで走るのだ。その彼が2017年2月からジョギングサークルを立ち上げたので、それにお邪魔することにした。誰かと一緒の方が楽しいし、経験者にしっかり教えてもらいながらやる方が効率が良いハズだ。

読書会 東京

Sくんのジョギングイベントのホームページ!

今までの経験で走るのは嫌いだった。短距離走は遅い方だったし、部活では、長い距離をしょっちゅう走らされていたので楽しくなかった。トレーニング目的なので、辛い・苦しい思い出しかない。走りに良い記憶・イメージがないのは無理がない。

それでは、実際にやってみてどうだったのか?きちんと走れたのだろうか?

 

やってみると、拍子抜けするほど、辛くなく、楽しかった!(笑)

 

なぜだろう???

本当に以外だった。

 

いくつかの理由が考えられるが、

  1. サポート・ナビゲート・アドバイスしてくれる経験者がいた
  2. 同じレベルで走れる人がいた
  3. 自分で無理のないペースで走れた

などが挙げられる。

もう少し補足すると、

1.ではS君がいたおかげで、準備やアドバイスをもらえたので不安がかなり減った。小出監督の本は別の人から貸してもらったのだ。

2.ではみんな初心者レベルの参加者だったので無理な競争などは一切なくリラックスして走る事ができた。

3.では前向きな人たちと一緒だったから、余計なストレスは一切なかった。皆走りたくて参加しているので、ポジティブな空気感だった。時にはおしゃべりしながら、楽しんで走る事ができたのだ。

読書会 東京

程よい高低差がある皇居ラン。半蔵門の近く

まとめ、誰と走るか!も重要

改めてジョギングのメリットをまとめてみた。

どこでもできる

都内でもランステーションがあれば怖いものなし!なぜなら手ぶらでも参加できる!

1人でもできる

バスケは人がいる!ジョギングは1人でもできる!でも最初は誰かと一緒の方が楽しいかな。

健康増進になる

深呼吸すると、血流が増え疲労回復が早くなる。筋肉も使う事で維持・鍛えられる。

メンタル的に頭の中がスッキリする

以前、朝活に参加した人が、「走る事で、振動が頭の中をモヤモヤをスッキリ整理してくれる」と言っていた。昔の偉人は歩きながら思案していたという。皇居の周りは景色もいいので、ジムのランナーで走るより精神衛生的にいい。

ただ、ランナーではない一般の方も多いのでぶつからないように気をつけたい。あとは終わった後の準備体操も忘れずに!

繰り返しになるが、遅刻しそうなので走るのと、『7つの習慣』で言う"刃を研ぐ"為、健康維持の為に走る、仲間と走るのでは、全く違う!これは走らないと分からないだろう。

4月からは毎週日曜開催される予定だ。マイシューズも購入したので、毎週参加する予定だ。そして、新たな習慣を形成すると共にこれからも健康を維持していきたい。

読書会 東京

一周五キロの皇居ラン!まもなくゴール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

未来戦略読書会・朝活に参加しよう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

読書会・朝活に参加しよう!


未来戦略読書会では、都内のカフェにて読書会・朝活を開催しております。読書会に対して少しでも興味が出た方は是非下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

 



 

Facebookページで最新情報をチェック!


未来戦略読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会や勉強会の開催風景の写真など、まだ読書会に参加したことのない方へ、役立つ情報を発信しております。こちらも是非ご参加下さい!Facebookページに「いいね」をお願い致します!

読書会・朝活の日程の確認はこちらから!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*